パナソニックホーム> チャンネル パナソニック>動画レビュー>ch.06>パナソニック 4Kワールド | CEATEC JAPAN 2013

動画レビュー

パナソニック 4Kワールド | CEATEC JAPAN 2013 ch.06

<レビュー>

review

↑画像をクリックすると動画を再生。 収録時間 3分41秒
拡がる『4K WORLD』を発信した、CEATAC 2013のパナソニックブース。(0分19秒)

アジア最大級の最先端IT・エレクトロ二クス総合展CEATEC JAPAN 2013におけるパナソニックブースの様子をご覧いただける動画です。新しいブランドスローガン「A Better Life, A Better World」のもと、パナソニックはB to BからB to Cまで、幅広い4K関連の製品やソリューションを出展しました。4K対応ビエラはもちろん、RGBオール印刷方式で開発した4K有機ELパネル『4K OLED』、20型4K IPSα液晶パネル搭載の4Kタブレット、4K映像制作システムなど、拡がりを見せる独自の4Kワールドを、ぜひご覧ください。

<注目シーン>

【独自のRGBオール印刷方式を採用した4K OLED】 (0分40秒~)

パナソニックブースでは、独自のRGBオール印刷方式で開発された4K有機ELパネル『4K OLED』3台が展示され、その高精細・コントラストな映像が紹介されました。また映像によるデモが終了すると展示台が回転し、その薄い躯体をアピールしました。

review

3台が展示された55型4K 有機ELパネル。(1分04秒)

review

高精細・高コントラスト、優れた色再現性が大きな注目を集めた。(1分14秒)

【B to Bを視野に入れた4Kタブレット】 (1分27秒~)

20型液晶搭載タブレットとして、世界最薄・最軽量を実現した4K対応タブレット。デジタルミュージアムや電子カタログ、建築、メディカル、コスメティックなど、ビジネス分野での多彩な用途が提案されました。また、この4K対応タブレットは、CEATEC AWARD 2013のプロダクツ部門でグランプリを獲得しました。

review

電子カタログなど、ビジネスユースでの多彩な用途が提案された4K対応タブレット。(1分40秒)

review

オプションの電子タッチペンは、手書き感覚での書き込みができる。(1分53秒)

【プロが求める制作環境を提供する4K映像制作システム】 (2分14秒~)

今後ますますニーズの高まりが予想される4K映像の世界。パナソニックブースでは、制作環境を提供する4K映像制作システムが参考出品されました。

review

プロユースを想定した4K 業務用カメラ (参考出品)。(2分24秒)

review

コンパクトなボディを持つ、ハンディタイプ 4K ビデオカメラ (参考出品)。(2分27秒)

review

31型4K液晶モニター BT-4LH310。(2分34秒)

review

参考出品された4K映像編集システム。(2分36秒)

【4K対応ビエラ】 (2分42秒~)

パナソニックブースでもっとも大きなスペースを割いて展示されたのが、2013年10月中旬に発売予定の65V型4K対応ビエラ。その高精細な画質はもちろん、4K 60p 4:4:4入力対応、HDMI2.0規格準拠、Display Port 1.2A対応などの特長をアピールする展示を展開しました。

review

10月中旬発売予定の4K対応ビエラ TH-L65WT600。(2分46秒)

review

4K 60p映像信号入力に対応。レーシングゲームなどの素早い動きも滑らかに表現。(3分02秒)

review

4K Webブラウザを搭載。フルHDの4倍の情報量を表示できるため、地図を緻密に表現。 (3分08秒)

review

4Kネット動画をそのままの高画質で楽しめる。(3分18秒)