パナソニックホーム > チャンネル パナソニック>動画レビュー>ch.06>住宅から施設まで拡がるパナソニックの介護ソリューション-国際福祉機器展2013

動画レビュー

住宅から施設まで拡がるパナソニックの介護ソリューション-国際福祉機器展2013 ch.06

<レビュー>

review

↑画像をクリックすると動画を再生。 収録時間 5分01秒
住宅向けから施設向けまで、幅広い介護ソリューションを紹介したパナソニックブース。(0分26秒)

国際福祉機器展2013の会場の様子を交えながら、パナソニックが展開する最新の介護ソリューションをご覧いただける動画です。高齢化が急速に進む日本において、パナソニックは住宅向け介護用品から施設向けソリューションまで、幅広い介護ソリューションを提供しています。中でも力を入れているのが、「サービス付き高齢者向け住宅」への取り組みです。本動画では、パナソニックが大阪郊外で展開しているサービス付き高齢者向け住宅「エイジフリーハウス」についてご紹介するほか、国際福祉機器展で発信した最新の介護設備・用品をご覧いただけます。

<注目シーン>

【サービス付き高齢者向け住宅ソリューション】 (0分34秒~)

パナソニックでは2012年から、大阪郊外に「サービス付き高齢者向け住宅」を展開しています。このハウスを担当している森田さんは、「パナソニックグループが提供するさまざまな製品によって、小規模多機能で、24時間・365日安心できる生活をリーズナブルに提供できることが強み」と語ります。

review

パナソニックが2012年から展開している「エイジフリーハウス香里」。(0分59秒)

review

サービス付き高齢者向け住宅ソリューションへの取り組みについて語る、パナソニック エイジフリーショップス株式会社の森田さん。(1分14秒)

review

小規模多機能な介護事業を推進する「エイジフリーハウス」の共有スペース。(1分26秒)

review

施設向けバリアフリー水まわりユニット「アクアハート」。(1分59秒)

review

車イスに対応できる施設向け洗面化粧台。(2分06秒)

review

浴室には、段差の少ないバリアフリー対応引き戸を採用。(2分10秒)

【国際福祉機器展会場でも最新の介護設備・用品を展示】 (3分08秒~)

2013年9月、東京ビッグサイトで開催された国際福祉機器展2013。施設向けのソリューションを本格展開しているパナソニックは、最新の介護設備・用品を紹介。連日、多くの注目を集めました。本動画では、その一部をご覧いただけます。

review

国際福祉機器展のパナソニックブースでは、住宅向けの介護用品から、施設向けのさまざまなソリューションまで紹介された。(0分49秒)

review

床に段差ができないうえ、左右どちらからでも開閉できる「幅広上吊り引き戸」。(3分38秒)

review

車イスに座ったまま料理ができるキッチン。(3分43秒)

review

同じく、車イスでも快適に利用できる洗面化粧台。(3分48秒)

review

壁をなくすことで2名同時入浴時の負担を軽減する「アクアハート2室連結プラン」。(4分04秒)

review

座面を浴槽の高さに調節可能で、浴槽に出入りする時の負担を軽減する「可動式入浴台」。(4分13秒)

review

寝たきり生活の予防を目指した「車いす付きベッド」。(4分15秒)

review

ベッドの半分を切り離し、車イスとして使うことができる。(4分18秒)

高齢者への生活支援が今後ますます重要になる中、幅広い商品展開でトータルに介護ソリューションを展開しているパナソニックグループ。その取り組みをぜひご覧ください。