パナソニックホーム> チャンネル パナソニック>動画レビュー>ch.04>安心・安全な野菜を世界へ パナソニックの植物工場

動画レビュー

安心・安全な野菜を世界へ パナソニックの植物工場 ch.04

<レビュー>

review

↑画像をクリックすると動画を再生。 収録時間 3分43秒
クリーンな空間で野菜を生産する、パナソニックの植物工場。(0分35秒)

「植物工場」とは、主に野菜などを工場で生産するシステムのこと。天候や災害などの自然環境に左右されず、効率的に新鮮で無農薬の野菜が生産できることから世界中で注目を集めています。

この動画では、パナソニックが取り組む植物工場を紹介。同社が持つ照明・空調・ネットワーク技術を駆使することで、他社より50%~60%の省エネを実現しているとのこと。すでに、こちらの工場で生産された野菜は、市内のスーパー等へ毎日出荷し、店頭にて販売されているそうです。さらに、動画後半ではこの技術をコンテナの中に詰め込んだシステムも登場。太陽光発電と蓄電システムを併設することで電力を自給でき、1日にレタス50~60株の生産が可能なのだそうです。つまり、このシステムがあれば、世界中のどこででも新鮮な野菜が食べられるというわけです。人類の食の問題を、テクノロジーがどう解決していくのか、そのヒントが見つかるかもしれませんね。


<注目シーン>

【季節や環境に関係なく、新鮮・無農薬な野菜を効率よく生産】 (0分01秒~)

「パナソニックの植物工場」と聞くと、ちょっと意外な感じがするかもしません。しかし、LED照明や空調設備などを作ってきたパナソニックは、当然植物工場に必要な要素技術を持っているわけです。動画では、まるで実験室のようなクリーンで大規模な工場の様子をご覧いただけます。

review

植物工場では露地栽培に比べ、早いスピードで野菜の栽培が可能。(0分17秒)

review

LEDの光を浴びてすくすく成長する野菜。とてもみずみずしく、おいしそうです。(0分48秒)

review

工場内は、育成に最適な温度・湿度・照度にコントロールされている。(0分43秒)

review

野菜の多品種化や養分の配合調整による栄養素管理などの研究も進められている。(1分20秒)

【コンテナサイズの植物工場も登場】 (2分23秒~)

植物工場の技術を、コンテナサイズに凝縮したシステムも登場。なんと、ここで1日にレタス50~60株の生産が可能なのだそうです。また、コンテナは連結して規模を拡大することも可能。近い将来、自然環境に恵まれない地域で、このコンテナが活躍する日が来ることを期待したいですね。

review

植物工場の機能をコンテナサイズに凝縮。このサイズなら世界中に運搬可能です。(2分29秒)

review

屋根の上にはソーラーパネルを設置。必要な電力を生み出します。(2分33秒)

review

コンテナ内部の模様。狭いながらもクリーンな植物工場を実現しています。(2分39秒)

review

コンパクトな空間の中に、さまざまな野菜が育てられています。(2分48秒)