パナソニックホーム > チャンネル パナソニック>動画レビュー>ch.04>キッド・ウィットネス・ニュース ~子ども達からのメッセージ~

動画レビュー

キッド・ウィットネス・ニュース ~子ども達からのメッセージ~ ch.04

<レビュー>

review

↑画像をクリックすると動画を再生。 収録時間 4分10秒

キッド・ウィットネス・ニュース(以下KWN )は、パナソニックがグローバルに展開している教育支援プログラム。5 分程度の映像作品を、企画から撮影、編集まで、すべて小中学生が制作して、コンテストを行っています。作品には、子どもたちの自由な発想に驚かされると同時に、環境やコミュニケーション、平和への関心の高さに、未来への希望を抱かされます。

このプログラムの狙いは、子どもたちが映像の制作を通じて、創造性を高め、チームワークやコミュニケーション能力を学び育むこと。また、コンテストなどを通じて、国際交流を深める場ともなっています。

パナソニックは、参加各校にビデオ制作用の機材を貸し出し、制作のノウハウを提供。各国・地域でのコンテストをはじめ、最終のグローバルコンテストまで、すべてにわたってサポートしています。1989年にアメリカで始まった、このプログラムには、これまでに全世界で13万人以上が参加。2010年10月現在では、世界26カ国・地域の679校、年間約10,000人の子どもたちが取り組んでいます。

<注目シーン>

sec09_040_1.jpg

2分04秒

グローバルコンテスト会場に集まった子どもたちは、表彰式での誇らしげな笑顔はもちろん、スポーツや文化、立食パーティーなどを通じた国際交流でもステキな笑顔を見せてくれます。同じテーマに取り組んだ者同士、話題には事欠かないことでしょう。

sec09_040_1.jpg

2分51秒

インターネットのおかげで子どもたちの交流の輪も拡がります。HD映像コミュニケーションシステムなら、まさに同じ部屋にいるようなリアルさで会話できるなんて、世界はどんどん近くなっているのですね。子どもたちには、これからも交流を深めていってほしいものです。

<トピック> ニュースに、アニメに、ドラマあり。子どもたちの発想の豊かさが見事

sec09_040_1.jpg

0分01秒

冒頭で紹介されるのは、これまでの作品のダイジェスト。ニュースやドキュメンタリー、ドラマ仕立てのものや凝ったアニメーションなどなど、さまざまな趣向の映像が次々と登場します。作品のテーマは「環境(エコロジー)もしくは交流(コミュニケーション)」となっていますが、そこここに世界各国のお国柄も感じ取れる構成となっています。

「チャンネルパナソニック」のキッドウィットネスニュースのチャンネルでは、2006年度からの作品をエントリー。<関連リンク>にある「キッド・ウィットネス・ニュース・グローバル」でも代表作が見られます。いずれも日本で部門賞・グランプリ(代表作品)を獲った作品や、グローバルコンテストで部門賞を獲った力作ぞろい。グローバルコンテストでは、各国・地域で選ばれた代表作品を決め、その中から、まず上位12作品を選出。さらにノミネート6作品の中から各部門賞とグランプリが決まります。そんな難関をくぐり抜けた作品ですから、見応えも十分。もっと見たい!となること間違いなしです。

日本国内参加校の分は、国内部門賞も見られますから、あなたの母校の後輩が参加しているかも。それぞれの作品も、ぜひ、ご覧ください。

<こちらもおすすめ>

review

↑画像をクリックすると動画を再生。

タイトル:キッド・ウィットネス・ニュース(KWN) 2010 グローバルコンテスト 表彰式を開催

2010年度の参加630校の中から最終審査で選ばれた6校の生徒代表が東京に招待され、部門賞とグランプリの表彰式が行われました。表彰される各国の生徒たちの、ちょっと緊張した笑顔が、子どもらしい初々しさを感じさせてくれます。

review

↑画像をクリックすると動画を再生。

タイトル:2010年 グランプリ & コンセプト賞:地球温暖化ラップ!

2010年グランプリは、オーストラリアのマンディンバラ小学校の作品。南極のペンギンに扮した子どもたちが歌うラップにのせて、アニメーションと実写で、温暖化の危機を訴えています。さまざまな小道具を駆使しているところも、要チェック!