パナソニックホーム> チャンネル パナソニック>動画レビュー>ch.02>太陽光エネルギーのみでオーストラリアの皆既日食をライブ中継

動画レビュー

太陽光エネルギーのみでオーストラリアの皆既日食をライブ中継 ch.02

<レビュー>

review

↑画像をクリックすると動画を再生。 収録時間 4分05秒
ケアンズ近郊で観測された皆既日食をライブ中継 (2分16秒)

2012年11月14日、オーストラリアのケアンズ近郊で皆既日食が観測されました。パナソニックは、この世紀の天体ショーをHITソーラーパネルで発電した電力のみを使って世界中にオンラインライブ中継することに成功。80万人以上の天体ファンとその感¬動を分かち合いました。本動画では、"Filming the sun, using the sun"をテーマに、パナソニックのエナジーソリューションを駆使することで成功したプロジェクトの全貌を紹介。感動の皆既日食の瞬間も、ご覧いただけます。

<注目シーン>

【世紀の天体ショー、舞台はオーストラリア北部の海岸】(0分16秒~)

review

オーストラリア北部、ポートダグラスに中継拠点を設置 (0分38秒)

review

海外からも多くの天体ファンが押し寄せた (0分24秒)

パナソニックは、オーストラリア北部、ポートダクラスのビーチに中継基地を設置。皆既日食をひと目見ようと世界中から集まった人々とともに、その瞬間を待ちます。


【太陽電池で皆既日食を捉える】(0分45秒~)

review

中継機器への給電に9枚のHITソーラーパネルを設置 (0分50秒)

review

蓄電された電気は、カメラやPCなどに給電(1分09秒)

皆既日食を捉えるカメラ LUMIX GH2をはじめ、その映像を世界に送るノートパソコン、モニターやマイクなど、中継に使う全ての電力を太陽のエネルギーのみでまかなうという今回のプロジェクト。HITソーラーパネルは前日に設置され、発電した電気はリチウムイオンポータブル電源に蓄電されました。


【近づくその瞬間に、高まる期待】(1分37秒~)

review

世紀の瞬間を捉えるカメラはLUMIX GH2 (0分30秒)

review

現場からの生中継にも力が入る (3分28秒)

徐々に近づくその瞬間。ライブ中継が始まると、ソーシャルストリーム上には世界各国からさまざまな期待の声が寄せられました。


【世界中に生中継されたその瞬間】(2分02秒~)

review

徐々に欠けていく太陽 (2分05秒)

review

皆既日食の瞬間、周囲からは大歓声が上がる (2分19秒)

そして、太陽が月の後ろに完全に隠れる皆既日食の瞬間。映像でもたっぷりご覧いただけます。ライブ中継の視聴者数は80万人を突破し、タイムラインには世界34ヵ国から25,000を超える書き込みが押し寄せました。パナソニックのエナジーソリューションを駆使した今回のプロジェクトにより、世界中の人々と感動を共有できた瞬間でした。