【リライフスタジオ フタコ】パナソニックのクラフトマンシップ展-焼いたパンの数、約7,000枚! おいしさを科学するスペシャリストの情熱-

ch.07 2021年10月22日
視聴回数
二子玉川 蔦屋家電2階、パナソニックが運営するライフスタイル コミュニティスタジオ「リライフスタジオ フタコ」で開催している、「パナソニックのクラフトマンシップ展」。

クラフトには、「丁寧さや緻密さ、愛着を感じるもの、人に喜ばれることを提供すること」などの意味があります。
その『クラフトマンシップの精神』は、くらしや社会に貢献し、人に喜ばれることを大切にしてきたパナソニックらしさの一つでもあります。

今回ご紹介するのは、厚切りも冷凍の食パンも、サクッとふんわり黄金比トーストに焼き上げるオーブントースター「ビストロ」。
製品が誕生するまでの試行錯誤に垣間見える『クラフトマンシップの精神』に、ぜひ触れてみてください。

関連リンク

クイックアンケート

登場した商品に興味が持てましたか?
  • 0%
  • 0%
  • 0%