【回路設計】インダストリアルソリューションズ社 社員インタビューpart5(インダストリアルソリューションズ社だから実現できること)

ch.03 2020年12月21日
視聴回数
パナソニック株式会社 インダストリアルソリューションズ社で活躍されている若手社員を7名ご紹介します。
1人目は、回路設計の技術者の植田さん。現在はモジュール技術課で車載複合センサの設計・開発のお仕事をされています。
5つ目に、インダストリアルソリューションズ社だから実現できることについてお話を伺いました。
(※所属先・名称は当時のものです)

■植田 瑛さん インタビュー(さらに詳しく動画内でお話いただいております。)
担当しているのは、センシング・インターフェース・モジュールと呼ばれる「車載複合センサ」。
自動車の電動化が進む中、そのデバイスは、車に異常が発生した際にその異常を瞬時に見つけ、車の頭脳部に知らせる安全対策の重要な役割を担っています。
具体的には、高精度の電流測定機によってバッテリー容量の正確な把握ができるため、航続距離の延長や燃費向上、低価格の実現にも貢献しているのです。
入社して感じたのは、弊社には若いうちから様々な挑戦ができる環境が整っているということ。
職場では年齢に関係なく、自分の意見を発信できるだけでなく、しっかり反映されるため、自分自身がデバイス開発に関わっているという実感を強く持つことができます。
また弊社では、普段目にしない材料の研究から、日常生活で目にするものに搭載されるデバイスまで、様々な事業が存在しています。
それらを組み合わせて新しいことを始めることもできるので、無限の可能性を秘めた企業といえるのではないでしょうか。
私自身も知識と技術をもっと身につけ、まずは「安心・安全」や「エコ」の領域で成長を続けていきたいと考えています。

関連リンク