【パナソニックセンター東京】パラリンピック1年前イベント

ch.07 2019年09月20日
視聴回数
パラリンピックの見かたも描きかたも、もっと多様でいい。あなたが思うパラリンピックは、なんだ。

パナソニックセンター東京は、東京2020パラリンピックを1年後に控えたこの機会に、イベントや動画を通じてパラリンピックの「多様な見かた」を伝えていきます。

今回は、2019年8月24日(土)にパナソニックセンター東京で開催した、パラリンピック1年前を記念するイベントをご紹介。
イベントの第一弾は「パラリンピックのちから」と題し、各界を代表するゲストのお話を通じて、パラリンピックの競技としての美しさ、パラリンピアン一人ひとりの物語、そしてそれを表現するメディアそれぞれの多様さなどから、パラリンピックの「多様な見かた」について考えました。

第二弾では「Let's make original New MO!」と題し、オリンピアン、パラリンピアンと一緒にどんな人でも楽しめるインクルーシブスポーツについて考えるワークショップを開催。
「New MO!」は、日本の伝統的なスポーツである相撲を基に考案され、土俵に見立てたリングの中で、相手を押し出したり、ボールをあてるシンプルなスポーツです。
言語や国籍、障がいの有無に関係なくお互いを尊重し合えるようにと考案された「NewMO!」を、体や表情でコミュニケーションしあいながら、参加者みんなで楽しみました。

この動きをきっかけに、パラリンピックへの『先入観』が揺さぶられ、一人ひとりのパラリンピックの見かた・描きかたが表出されていくこと、また2020年やそれ以降のインクルーシブな社会の実現に向けて、一人ひとりの行動が喚起されていくきっかけとなることを目指します。

■企画の詳細については、こちらをご覧ください。
https://panasonic.co.jp/center/tokyo/event/all/2019/08/parapower.html

【第一弾 ゲスト】
[第一部 パラリンピックの表現]
廣村正彰さん(グラフィックデザイナー)
[第二部 パラリンピックとメディア]
鎌田和樹さん(UUUM株式会社 代表取締役CEO)、松崎英吾さん(特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会 専務理事兼事務局長)、上野直彦さん(スポーツライター、漫画原作者、経営者)
[第三部 パラリンピアンのストーリー]
河合克敏さん(マンガ家)、半谷静香さん(パラリンピアン 視覚障害者柔道)、ケビン・オアーさん(車いすラグビー日本代表監督)、池透暢さん(パラリンピアン 車いすラグビー)

【第二弾 ゲスト】
室伏由佳さん(オリンピアン 女子ハンマー投)、田口亜希さん(パラリンピアン 射撃)、半谷静香さん(パラリンピアン 視覚障害者柔道)、ケビン・オアーさん(車いすラグビー日本代表監督)、池透暢さん(パラリンピアン 車いすラグビー)

関連リンク

クイックアンケート

この動画に好感が持てましたか?
  • 0%
  • 0%
  • 0%