TOKYO2020 オリンピック1年前セレモニー×高速追従プロジェクションマッピング 当日篇

ch.03 2019年07月24日
視聴回数
2019年7月24日、東京2020組織委員会と東京都が「東京2020オリンピック 1年前セレモニー」を共催。
セレモニーの冒頭、オリンピアン 坪井保菜美氏が新体操のパフォーマンスを披露。そのパフォーマンスの演出に使われたのがパナソニックの高速追従プロジェクションマッピング対応プロジェクター。

高速追従プロジェクションマッピングは、ランダムで動く対象物の動き・位置情報を高速に検出、動きに合わせて画面の描画速度を高めたプロジェクターで映像投影することで、滑らかで遅延なく物体の動きにあわせた映像演出が実現できる技術。

本映像はそのパフォーマンスと演出技術を訴求したCMで、セレモニー当日の夜から放映。

関連リンク

クイックアンケート

この動画を見て理解できましたか?
  • 0%
  • 0%
  • 0%