パナソニックとソニーが挑む、光ディスクストレージの技術革新 #Panasonic100th

ch.03 2018年10月30日
視聴回数
[セミナー:テクノロジー] IoT技術の発達やデジタル映像の高画質化などに伴い、膨大なデータが生み出されており、このビッグデータは今後100年の社会発展を支える重要なインフラになります。パナソニックとソニーは、このビッグデータを次世代に継承していくことを目的に2013年7月から共同で業務用次世代光ディスク「アーカイバルディスク」規格と技術を開発しています。このセミナーではビッグデータ時代におけるデジタルデータ保存の課題、求められるストレージのあるべき姿、更にあるべき姿に向けてソニーとパナソニックが目指す方向性について、パネルディスカッション形式で紹介します。

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社 プロフェッショナル・ソリューション&サービス本部 メディアセグメント事業部門 部門長 喜多 幹夫氏
ソニーストレージメディアソリューションズ株式会社 アーカイバルディスク部 担当部長 中野 淳氏
ITジャーナリスト、ブログメディア「Publickey」運営 新野 淳一氏
パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 ストレージ事業開発センター 古川 厚
パナソニック株式会社 イノベーション推進部門 要素技術開発センター ストレージ開発室 日野 泰守

2018年10月30日 東京国際フォーラム

関連リンク