人間の眼に近づく、カメラスタビライザ

ch.02 2018年02月22日
視聴回数
スポーツなどの激しいアクション環境での撮影や ドローン、ロボットなど移動体への展開により、 カメラの活用シーンはよりブレ補正が求められるようになっています。
また、インフラ点検や顔認証などの画像処理ソリューションの 分野ではさらに高レベルのブレ補正ニーズが高まっています。
パナソニックは、3軸アクチュエータ技術を活用した、激しい振動環境でもブレを抑え鮮明な映像撮影を可能にするカメラスタビライザを開発しました。それにより、今までに無い視点と臨場感の映像体験を提供し、画像処理と組み合わせることで新たな世界を広げていきます。
近い将来、様々な移動体や、VR等の特殊カメラへの幅広い用途展開が見込まれます。

関連リンク