ナショナルテレビ パナカラー マジックラインTVCM「マジックおじさんクリスマス」昭和43年(1968年)制作【パナソニック公式】

ch.01 2017年08月24日
視聴回数
<なつかしのテレビCM集>
このCMはなぜアニメーションで制作されたのでしょう?
昭和43年当時、CMはカラーで放送しても、ほとんどの受像機は白黒でした。カラーの実写というのは、明度の差が思ったより少なく、白黒の受像機で見ると、コントラストの少ないボヤけた映像に感じるのです。「カラーがきれいだ」と白黒テレビでも感じてもらうには、明度差を出しやすいアニメーションが最適!という理由でアニメで制作されたそうです。
そして、キャラクターの「マジックおじさん」のナレーターは、「インチキ外国語」のジョークで人気者だった藤村有弘さんを起用。決め台詞の「ドント・フォルゲット」が大ヒットしました。

▼テレビと家電の歴史
http://panasonic.jp/viera/history/

▼テレビ 最新商品情報
http://panasonic.jp/viera/

パナソニックのテレビやエアコン、美容関係などの家電商品やプロモーションのご紹介をしています。まずはチャンネル登録をお願いします。

■YouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/PanasonicJapan

■Facebookページ
https://www.facebook.com/panasonic.avmjapan

■Twitterページ
https://twitter.com/Panasonic_cp

■パナソニック Google+ページ
https://plus.google.com/u/0/101405183906472219902/posts

■商品サイト
http://panasonic.jp

■企業情報
http://www.panasonic.com/jp/corporate.html

■ソーシャルメディア利用規約
http://panasonic.jp/sns_guideline.html

クイックアンケート

登場した商品に興味が持てましたか?
  • 0%
  • 0%
  • 0%