パナソニックホーム> チャンネル パナソニック>ch.06 展示会>「IoTで空間発明」新しい住まいとくらし方のアイディアを提案|HOUSE VISION 2016 EXHIBITION

「IoTで空間発明」新しい住まいとくらし方のアイディアを提案|HOUSE VISION 2016 EXHIBITION

ch.06 2016年08月03日
視聴回数
パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、2016年7月30日(土)から8月28日(日)に東京都江東区・臨海副都心 J地区で開催される「HOUSE VISION 2016 EXHIBITION」に出展します。

同社は「IoTで空間発明」をテーマに、独自のAR(拡張現実)技術などを取り入れたプレゼンテーション展示によって、IoT(Internet of Things)が日常となる時代の住まいやくらし方のアイディアを提案します。

建築家の永山祐子氏とともに、あえてモノを必要最小限に絞るくらしと、建築構成を単純化し、簡単に建築できる家を舞台として設定。会場内のブース#3 に展示する『の家』において、IoTを活用した家と新しいくらし方を表現しています。

「HOUSE VISION」は、日本デザインセンターの原研哉氏(展覧会ディレクター/日本デザインセンター代表取締役社長)が中心となり、2011年3月より、建築家、研究者、多様な企業、行政との対話を重ねた活動を続けています。2013年には東京・青海で23日間にわたって「新しい常識で家をつくろう」というテーマのもと、「HOUSE VISION 2013」東京展を開催し、「家」を基軸とした新しい産業の可能性を提示しました。

今回開催される「HOUSE VISION 2016」東京展は、「『CO-DIVIDUAL』コ・ディビジュアル-分かれてつながる/離れてあつまる」をテーマとしています。エネルギー、通信、移動、高齢化社会の可能性、都市と地域の関係などを「家」を起点に考え、その可能性を具体化する展示会です。

【出展概要】
●会期:2016年7月30日(土)~8月28日(日)11:00~20:00(最終入場受付 19:30)
●会場:お台場・青海駅前 臨海副都心 J地区 〒135-0064 東京都江東区青海2丁目1
●入場料:一般1,800円、学生1,500円
・HOUSE VISION 公式サイト
http://house-vision.jp/

関連リンク

クイックアンケート

登場した商品に興味が持てましたか?

  • 0%
  • 0%
  • 0%