パナソニックホーム > チャンネル パナソニック>ch.06 展示会>国際キッチン見本市で欧州のキッチン市場に新たな技術・価値を提案 [LivingKitchen 2015]

国際キッチン見本市で欧州のキッチン市場に新たな技術・価値を提案 [LivingKitchen 2015]

ch.06 2015年01月21日
視聴回数
パナソニック マーケティングヨーロッパは、2015年1月19日からドイツ・ケルンメッセで開催の国際キッチン見本市「LivingKitchen 2015」で、IHクッキングヒーター、オーブン、オーブンレンジ、保温庫、レンジフード(換気扇)、冷蔵庫、食洗機などのビルトイン家電(組み込み家電)の新ラインアップを展示しています。パナソニックとして「LivingKitchen 2015」への出展は初となります。

欧州で展開するビルトイン家電は、ステンレスやスモークガラスの採用、また、人間工学に基づき設計された、接続部のないスムーズなハンドルなど日本のモノづくりへのこだわりを表現したデザイン、そして、日本で長年培ってきた高度な技術が採用されています。

関連リンク