パナソニックホーム > チャンネル パナソニック>ch.02 ソリューション - エコソリューション>光・水・風の自動制御により、ほうれん草の周年栽培と省人化を両立

光・水・風の自動制御により、ほうれん草の周年栽培と省人化を両立

ch.02 2014年10月21日
視聴回数
茨城県の農業生産法人冨田農園では、食品スーパーとの生産契約を締結するため、安定した周年栽培が課題となっていました。そこで、「パッシブハウス型農業プラント」を導入。温・湿度センサや照度センサからの情報により、遮光カーテン、気流調整ファン、ミストや散水などを統合制御することで、日々の管理や手間を大幅に軽減。夏場の収穫が難しかったほうれん草の周年栽培を実現されました。

関連リンク