パナソニックホーム > チャンネル パナソニック>ch.02 ソリューション - ビジネスソリューション>DaaSで運用するAutoCAD(R) Desktop as a Serviceのパフォーマンス

DaaSで運用するAutoCAD(R) Desktop as a Serviceのパフォーマンス

ch.02 2013年12月13日
視聴回数
工業炉を中心に、産業用機械、環境設備、燃焼機器、耐火物などの設計、製作、施工、メンテナンスまで一貫して行うロザイ工業(大阪市内)では、AutoCADの安全で効率的な運用を目指し、パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社が提供するDaaS(Desktop as a Service)を採用しました。AutoCADやオフィス業務をこなすPCは仮想化され当社のデータセンター内に保管されています。シンクライアントと呼ばれている技術を活用し、表示や入出力などPCインターフェースだけお客さまのオフィスに設置しPCのように活用します。シンクライアントの中でも画面の差分を送る画面転送型と呼ばれる方式は、従来画面の書き換えが頻繁に発生するグラフィカルな処理に弱いと言われていましたが、ロザイ工業はAutoCADにこのDaaSを使用しています。実際にロザイ工業におじゃましてそのパフォーマンスを撮影しました。(2013年12月)

関連リンク