「EXPANDED SMALL -豊かさを拡げる2030年のくらし展-」コンセプト -FUTURE LIFE FACTORY by Panasonic Design-

ch.03 Mar 10, 2019
views
本コンセプトは、パナソニックで先行開発に特化して活動するデザインスタジオ「FUTURE LIFE FACTORY」が未来洞察とくらしの先駆者との対話から生み出した2030年のくらしかたです。

「EXPANDED SMALL」は、住空間をコンパクトで最小限なものに留めながらも、さまざまなサービスとつながることで、豊かさや楽しさが拡がる新たなくらしのコンセプトです。
四畳半の小さな動く住まい「EXSMALL」と、そこでのくらしを補完するインフラや共用の家電などを提供し、新たなコミュニティを形成するシェアスペース「VILLAGE」からなる提案です。

人々の価値観が多様化、複雑化していく中で、2030年には、どのような暮らし方や生き方があるのでしょうか。FUTURE LIFE FACTORYは、未来の兆しから着想し、コンセプトモデルを通して、豊かなくらしのビジョンを提案する活動を行ってきました。2017年東京ミッドタウンで行われたPanasonic Design展では、「Next Humanity」をテーマに、テクノロジーが進化した未来における人間らしい豊かなくらしを提示し、多くの方に反響をいただきました。
本コンセプトは、その活動をもとに、パナソニックの、家電・住宅・BtoBソリューション・車載など、担当領域の異なるデザイナーが加わり、より広い視点でくらしのビジョンを描いたものです。
多様な価値観や選択肢が広がっていくであろう未来における、一つの可能性を提示すことで、多くの方の、自身のくらしについて考えるきっかけや、ヒントになれば幸いです。

※本コンセプトは、2019年3月2日~5日まで、東京南青山 SHARE GREEN MINAMI AOYAMAで開催された「EXPANDED SMALL -豊かさを拡げる2030年のくらし展-」で発表されたものです。


制作協力:太陽企画株式会社、株式会社たき工房

Related Link