パナソニックホーム> チャンネル パナソニック>動画レビュー

動画レビュー

ch.02パナソニックのスタジアムソリューション -市立吹田サッカースタジアム-
プロサッカークラブ ガンバ大阪のホームスタジアムとして新しく建設された「市立吹田サッカースタジアム」。ここにはパナソニックの最先端の技術を取り入れたさまざまなシステムが導入されています。本動画では、観戦をより快適で臨場感あふれるものにするLED投光器、大型映像表示装置のほか、万一の際の避難誘導システム、グッズや飲食の売店用POSシステムなどをご紹介しています。
ch.05Road to Rio 2016
パナソニックは25年以上にわたり最新のAV機器ソリューションでオリンピックをサポートしてきました。2016年8月から9月にかけてブラジル・リオデジャネイロで開催されるリオオリンピック・パラリンピックにおいても、各会場への機器納入や開会式/閉会式の演出サポートなどの準備が急ピッチで進められています。今回ご紹介する動画では、ネイマール Jr.選手をはじめ、大会本番に向けて練習に励むアスリートたちの姿を追うとともに、自らも彼ら/彼女らと同じ思いで大会に向かわんとする、パナソニック社員の表情をお伝えしています。
ch.02CityNOWプロジェクト:北米・デンバー市とともに
持続可能な街づくりを目指す米国コロラド州 デンバー市で、2015年からスタートした新しいスマートシティプロジェクト、それが「CityNOW」です。パナソニックはこのプロジェクトに先進の技術とソリューションで貢献しています。
ch.02東京ドームにパナソニックのLED投光器を納入
日本で最大級の全天候型多目的スタジアム「東京ドーム」。2016年3月、外野に2KW相当のパナソニックのLED投光器 約400台が納入され運用を開始。2017年3月には内野にも300台が加わり、合計約700台が納入される予定です。省エネかつ長寿命だけでなく、瞬時点灯や調光なども可能にするLED照明の魅力に迫ります。
ch.03お客様と共に創る未来 -アクティブリンクのパワーアシストスーツ開発-
2016年2月、埼玉県の物流倉庫に一体の装置がやってきました。高齢化が進み、労働力不足という課題を抱える日本で、これからの働き方を変える可能性に満ちた「パワーアシストスーツ」の実証試験が始まろうとしています。この「パワーアシストスーツ」を開発したのはパナソニックの社内ベンチャー企業として2003年に誕生したアクティブリンク株式会社(以下、アクティブリンク)。今回のビデオでは、お客様である物流企業とパートナーシップを結び、現場で使う人の目線に徹底して寄り添いながら新しい価値を創造していく同社の挑戦をレポートしています。
ch.02インバウンドのお客様を「おもてなし」 パナソニックの多彩な多言語ソリューション
海外から日本を訪れる旅行客。観光シーズンにはその数が増えるだけでなく、使われる言語の種類も多彩になってきます。観光地で、街中で、そして宿泊先で、さまざまな場面に応じた適切な「おもてなし」のニーズが高まる中、パナソニックは多彩な多言語ソリューションでお応えします。
ch.03パナソニックが展開するアシストロボット
パナソニックは産業用ロボットで培った制御技術とセンサー技術を応用し、人の機能をロボットのモーターがアシストする安全で安心なロボットを開発して来ました。このビデオでは、パナソニックの最新のアシストロボットをご紹介します。
ch.02LEDの光の演出で美しく浮かび上がる「平等院ミュージアム鳳翔館」の国宝たち
貴重な国宝や文化財が持つ本来の表情や色合い、細部の模様を正確に美しく照らす--- そんな照明演出が、パナソニックのLED照明器具によって、平等院(京都府宇治市)の博物館「平等院ミュージアム鳳翔館」で実現しました。 最新のあかりに照らされた展示物の美しい映像をご覧ください。
ch.02パナソニックがブラジル初のスタジアム内デジタルサイネージシステムを納入
パナソニック ブラジルは、2014年FIFAワールドカップの舞台となった「アレーナ・ダ・バイシャーダ」内に、2015年11月18日、場内のどこからでもフィールド上のプレーをつぶさに見ることができるデジタルサイネージシステム「デジタルメディアセンター」を納入しました。席を離れている時でも、場内の随所に設置されたテレビで試合の様子を楽しめるスタジアムとして、ブラジルでは初事例となります。
ch.02「iMapp ブカレスト2015」~パナソニックの業務用プロジェクターによる世界最大規模のプロジェクションマッピング
ルーマニアの首都、ブカレスト。2015年9月19日(月)、その夜、「国民の館」の名でも知られている国会宮殿のファサードが、総面積23,000平方メートル(横290メートル、縦80メートル)を超える巨大な野外スクリーンに変身しました。世界最大規模のプロジェクションマッピングイベント「iMapp ブカレスト2015」が開催され、100台を超えるパナソニックの業務用プロジェクターによる圧巻のスケールの映像ショーが何千人もの観衆を魅了しました。